トレンディウーマンの日記

茶飲み話やニュースを見つけます

1964年東京オリンピック 開会式 聖火 ブルーインパルス 秘話

東京オリンピックの感動話が8月19日NHKで放映されました。

 

戦後復興の姿を東京オリンピック開催で世界に知らしめました。

 

開会式当日は日本晴、天が味方してくれた一日でした。

 

聖火リレー

 

戦火で焼かれた沖縄が聖火リレーの出発地でした。

沖縄であれほどの日の丸を見たことがないというほどの

手作りの日の丸の数だったという。

 

わずか人口350人の村で聖火が宿泊したという。

静かだった村が一変した。

その村に3000人が集まったという。

 

聖火リレーの走者として走った男性は戦争で亡くなった人への

鎮魂のために走りました。という。

 

【聖火台】

 

鋳物で有名な川口市に白羽の矢がたった。

鈴木萬之助氏は当時68歳、病を押して聖火台作りを引き受けた。

 

川口の為に命をかけ、最後の仕事のつもりで頑張ったが

まさかの失敗に終わってしまった。残り1ヶ月しかない。

 

萬之助氏は失敗後8日目に他界した。

兄弟たちが力を合わせ三男が完成させる。

f:id:goodsgoods:20130819203034j:plain

10月10日には磨きに来ていたという三男の鈴木さんも他界

今は四男の鈴木さんがその聖火台に手を合わせる。

 

【聖火台点火】

 

終戦の年、昭和20年8月6日に広島で生まれた19歳の少年、

坂井さんが点火する。

 

【選手入場行進】

 

心も浮き立つオリンピックマーチが流れ94か国と地域の選手団が

行進する。

f:id:goodsgoods:20130819203726j:plain

 

ブルーインパルス

 

パイロット達は初めてのことで1年半に渡り訓練を重ねたが練習時

には一度も成功しなかったという。

f:id:goodsgoods:20130819203835j:plain

運悪く前日は雨、中止と思っていたら翌朝は晴天

 

計画では15時10分20秒に赤坂見附の上にいるように支持されていた。

 

時間の遅れはわずかながらあったものの

緻密な計画で五輪を描くタイミングを待ち、無事成功にこぎつけた。

 

五輪が競技場の空にくっきりと映し出された

 

当時のパイロットの人たちが思い出を語るその様子が晴れ晴れしい。

 

失敗が許されない開会式です。

 

緻密な計画と練習のお蔭で日本中の心が一つになって見事に開花しました。

f:id:goodsgoods:20130819204254j:plain

この感動をもう一度と思う人は多いはずです。

今年の9月8日の2020年オリンピック開催都市決定は果たしてどこ?